バストアップに効果的な食物について

バストアップに効果的な食物について

バストに良い食べ物

バストの成長には、女性ホルモンが大きく関係しています。女性ホルモンが分泌されることで、乳腺が発達し、それを保護しようと脂肪細胞が増えることで、結果としてバストアップに繋がるのです。単純にいって、女性ホルモンが多い人ほどバストが大きくなりやすい傾向にあるというです。

 

この女性ホルモンを増やす方法はいくつかありますが、その中でも簡単なのが食物による摂取。女性ホルモンを直接摂れるような食べ物はありませんが、女性ホルモンと同様の働きをする栄養素はわかっています。

 

それは大豆イソフラボンです。その名の通り、大豆に多く含まれる栄養素であり、女性ホルモンに近い働きをすることで、バストアップや美肌効果があると言われているのです。

 

では、この大豆イソフラボンを効率よく摂取するための食べ物はというと、豆乳やおから、きな粉があげられます。豆乳は吸収率も高くオススメですし、おからは整腸作用もあるので便秘にも効くというスグレモノと言えます。

 

もちろん、効果があるといってそれだけを摂るような偏った食生活は厳禁。バランスの良い食生活と適度な運動を前提とした上で、その中に上記の食べ物を上手く組み入れていくことが、最も効果的な方法だといえるでしょう。

 

キャベツのバストアップ効果は本当!?

 

バストのサイズが小さくて悩んでいる、
そんな世の中の女性はとても多いのではないでしょうか。
私自身も高校生の時にバストのサイズが小さくて悩み、
様々なバストアップ法について調べました。
バストアップに効くエクササイズ、サプリメント、クリームなど、
様々なバストアップ法が世の中には溢れています。
その中でも私が注目したのが、キャベツを食べるとバストアップする!
というものでした。

 

キャベツに含まれる「ボロン」という成分が、バストアップに効果があるというのです。
グラビアタレントが毎日キャベツを食べていたらBカップがDカップになったと発言したことも、
話題になったそうです。
私は当時高校生だったので、サプリメントやクリームを買うほどのお金は無く、
このキャベツによるバストアップを試みました。
ボロンという成分は熱に弱いので、キャベツは生で食べるのがいいということでした。
毎日小さめのキャベツを約半玉以上、1ヶ月近くに及んで食べ続けました。

 

結果から言うと、1ヶ月では効果はありませんでした。
また、キャベツを毎日食べ過ぎたことによって、胃の調子が悪くなり、
口と唇に吹き出物が出てしまったため、中止しました。

 

これからキャベツを食べてバストアップに挑戦しようと思っている方は、
くれぐれもキャベツの食べ過ぎには注意して下さい。
エクササイズなどと組み合わせて、積極的にキャベツを食べる程度に留めるのが、
良いのではないかと思います。